PRESONUSのAudioBox iOne Silverを返品した話

前回までのオーディオインターフェイス話は…。

だいぶ前(4月)の話なんですが、格安オーディオインターフェイスを比較した結果、直感でPRESONUSのAudioBox iOne(限定版のSilver)に決めたM。

とどきました。(+20点)

160501_213254.jpg

日本語のマニュアル(紙)が入ってます。
160501_213324.jpg

結構分厚い。
ざっと読んでみた。
160501_221823.jpg
これからDTMはじめるぜーという人向けのメッセージが多いなと感じました。親切な印象。(+10点)

この光沢感。外観は予想以上。(+200点)

160501_214058.jpg
持った感じ、軽くて持ち出しも快適そうです。

仕様を確認しておきましょう。
(SoundHouseのPRESONUS/AudioBox iOne商品ページから引用)

INPUT1 XLRタイプ1系統(バランス、クラスAマイクプリアンプ、+48Vファンタム電源搭載)
INPUT2 TS標準タイプ1系統(アンバランス、楽器入力用)
OUTPUT TRS標準タイプ2系統(バランス)、PHONE端子1系統(ステレオ標準タイプ)
USB端子 タイプB(PC接続用、電源用)、タイプA(iPad接続用)
外形寸法 幅(W) 150mm、奥行き(D) 135mm、高さ(H) 43.5mm、質量 478g
付属品 日本語取扱説明書、USBケーブル

INPUT1は主にファンタム電源が必要なコンデンサーマイク用
INPUT2はそのほかの主にE.GtrとかE.Bsのシールド入力用
ってところでしょうか。

OUTPUTはふつーの赤と白の。(PS2とかでよく見るあれの黄色がないもの。)
PHONE端子もふつーの。イヤホンの小さい方ではなく、でかいほう。

で、返品した理由もこのPHONE端子です…。

音の印象に関しては、UA-4fxとの比較になります。

AudioBox iOneは音が太くクッキリして、特に高域がスッキリして見えやすくなった気がします。
有体に言えば、クリアになった印象でした。(+50点)
うーんと…PS2からPS3くらいの解像度になったかな?という感じでしょうか。(つまりPS4には届かない感じ。)

UA-4fxは10年以上前に出たオーディオインターフェイスです。


Amazonによると
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2005/12/7
とのことです。
主に採譜用で使ってるサブPCで今も現役で、無理な使い方もしてない為、全然余裕そう。
(ほぼ毎日長時間通電してます。)
まれにOUTPUTやINPUTを差し替えたりもしてますが、接続部分等、特に目立った劣化も感じません。
まだまだ元気。むしろUA-4fxおすすめ。

録音でも比較してみました。
(もうちょっと一般向けなソザイはなかったのか…)

いかがでしょう…?
比較すると、AudioBox iOneの方がクリアな印象かなと。(+100点)

機能もシンプルで、使いやすいオーディオインターフェイスでした。(+200点)

超個人的にここがアウト…と思ったポイント


まず、つまみです。

160501_214146.jpg

PHONE端子と入力端子二つ。この小さいつまみ。
回すと、コリコリするんです。えっと引っかかりがあるんです。(-5点)
デジタル信号のつまみとかこういうの多い気がするけど、なぜここでそれを採用したのか。
しかもなんか完全なコリコリじゃないんです。中途半端なコリコリ。(これはなんだ?おつまみのレビューか?)

だからどうしたというと、微調整が非常にやりづらい。(-20点)
そんな細かくやらなくてもいいかもなんですが…。

問題はここからで、

PHONE端子のボリュームを0にしてもヘッドフォンから音が出る。(-20点)

OUTPUT側では確認してません。
さらに、

小さいボリュームの時に左右の音量バランスが変わる。(-70点)

「普通はそんな小さい音で聴かないでしょ?」っていうかいわないかのラインギリギリのボリュームでの現象。

困惑しました。どうしようか悩みました。

これを理由に交換のお願いしたら、クレーマーになるのかな?ていうか、こういう仕様?私が神経質なのか?…と。
なんでこんなことで悩まなければならないんだ…。(-100点)

実際、知人には「安い機材ではよくあること。指摘するレベルじゃないと思う。」って言われました。(-500点)

500587.jpg

500587.jpg

500587.jpg

そうかもしれません。


が、その人にとってはそういうレベルなのかもというだけです。
私が今まで使ってきたオーディオ機器ではこんな事一度もなかったんです。
(あ、でもワゴンセールで買った500円のポータブルカセットテーププレイヤーはボリュームつまみがおかしかった。ボリュームいじるとジャリジャリ言ってました。…てことは、それと同じレベルってことでいいの…?)

PRESONUSのサイトフォーラム(英語)を見ても、それらしい報告は見当たらない。
これは…やはり不良品が回ってきただけなのでは?(-1000点)

販売店に連絡して一度引き取ってもらいました。(-50点)


2週間程してなんの連絡もないので(-5000点)問い合わせてみると、「確認中とのことです。それなりに経ってるので少し急いでもらえるよう連絡しました」と販売店から返答がありました。
数日後、「仕様との事です」と返答。(-530000点)

返品のお願いは受諾していただけました。(+1点)

総評:普通に使う分には使いやすい製品だと思います。

販売店の担当者さん曰く、日本国内にも修理センターはあるらしいですが、対応速度はご覧の通りです。
これは想像でしかありませんが、修理の「窓口」は日本にもあるけど、実機の扱いは本国でないと対応できていないのかもしれません。
それなら確認に2週間くらいかかっちゃうのも、納得できます。

でもそれ以外(…主に見た目と外観の質感)は本当気に入ってました。
さわり心地も良かったし、ボタンは…その、ちょっと安っぽい気がしたけど。
それでも気に入ってました…。使いたかったです。

もし今後出会う人の中に同製品を使ってる方が居たらぜひとも意見を聞きたいものです。

さて、この話はこれでおしまいにします。忘れます。スッキリしたので。



おすすめです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ブログを書いてる人

エムフィー・M・どえむ
fea.jpg
フリーのサウンドクリエイター。
オーディオストックというサイトでBGM・SE(+恐怖の歌モノ)を販売しています。





かわいい系からシリアス系まで色々作ってます。どちらかというとポップでかわいい系の方がリピート率が高いかな…という感触。

追い詰められる前にやりましょう。が信条。
ちまちま、コツコツ派。無理をしないタイプだが追い詰められると無茶をする。
ゆえに、追い詰められる前にやりましょう。

MeloGraphy
読者メッセージを送る